良い人で終わる人・終わらない人

様々な成功法則を学び実践するにしても、人から認められたいという承認欲求を
モチベーションにしていたのでは苦しくなるだけ!!
他者への貢献を考えることが大切。

 

良い人で終わる人・終わらない人

 

それには、相手に気付かれない貢献をひたすら繰り返す必要があります。
しかし、これだけではただの“良い人”で終わってしまいます。

 

そうならないためには、
“影響力のある人間になる”
この意識を持ち続けることが大切。

 

自分の周囲にいる社会的な成功者と呼ばれる人たちを見てみましょう。
みんな他人に対しての強い影響力を持っているはずです。

 

会社員であれば、社長の言葉や行動の一つ一つにみんな影響を受けていますね。
会社の社長で無くても、芸能人やスポーツ選手、その他の有名人などは周囲の人に強い影響を与えることが出来ます。

 

では、影響力のある人間になるにはどうしたら良いのか?

 

良い人で終わる人・終わらない人

 

“表情”⇒“態度”⇒“言葉”

 

この順番で、人に気付かれない貢献を続けていれば、必ず何らかの形で、
人から頼られる機会があります。

 

何かやって欲しい、教えて欲しい、仕事をお願いしたい、どこかへ来て欲しい、
など頼まれごとをされて、それを引き受けたなら、全力で取り組みましょう。
ここで初めて、相手が気付く貢献を始めます。

 

良い人で終わる人・終わらない人

 

例えば、何かの商品について教えてほしいと言われた時には、全身全霊で自分の持っている知識を振り絞って、わかりやすく考えながら説明してあげて下さい。
目の前にいる人が、気付かれないようにしっかりと貢献を繰り返した相手なら、
すでに信頼関係は出来ています。

 

相手から教えて欲しいと言って来ている場合は、しっかりと商品の説明をしてあげることこそが、相手が望んでいる貢献です。
良い人だけで終わってしまう人は、ここで遠慮してしまいます。

 

知り合いに商売の話をするなんて・・・などと、
要らない罪悪感を持ってしまいます。

 

良い人で終わる人・終わらない人

 

せっかく自分にとって必要な話をよく知っている人に聞こうと思ったのに、何もしてもらえなかった。これでは頼んだ方は期待外れ!!
こんな経験ありませんか?

 

一方、ここで相手が望んでいる以上に商品の説明をしっかりと出来たなら、一気にあなたの評価は上がります!!

 

そうなると、自分から自分自身のアピールをしなくても人が勝手に自分のことを
「あの人は素晴らしい!」などと、良い評判をばら撒いてくれるでしょう。

 

良い人で終わる人・終わらない人

 

自分の居ないところでの人の評判というのは恐ろしいものです。
誰かのことを知ろうとした時のことを考えてみて下さい。

 

本人の居ないところで、周囲の人がどのように話しているかは、大きな影響力を持ちませんか?
そうです!!

 

自分の居ないところで、自分のことを良く話してくれる人をどれだけたくさん作ることが出来るか!影響力を持つようになる人は常にここを意識しています。
これに対して良い人で終わる人は、自分の見えるところでの人の評価にばかり気を取られてしまいがち。

 

自分の居ないところでの評判は甘く見てはいけません。
知らないところで、自分を高く評価してくれる人をいかにして増やしていくか!!

 

良い人で終わる人・終わらない人

 

順序として、
人に気付かれない貢献をひたすら繰り返します。

 

そうすることで周囲の人の潜在意識に“あの人は良い人”とインプットさせましょう。
そして、誰かが頼って来たら、相手が期待している以上の貢献をしてあげましょう。
その為には、日頃から自分の仕事や得意なことを磨いておくことが大切です。

 

良い人で終わる人・終わらない人

 

自分が居ないところで人が良い話をしてくれるようになれば、自然と周りに寄って来る人が増えて来ます。
仕事も上手く行き、社会的な安定も手に入れて、プライベートも充実したものになるでしょう。

 

お気に入り

Copyright(c) 2017 良い人で終わる人・終わらない人 All Rights Reserved.